2013年04月08日

「春休み」 by 水谷麻里

新年度が始まり、桜もあっという間に散ってしまいました。
そろそろ春休みも終わり、学校も始まっているようですね。

そして今日ご紹介するのは「春休み」、この曲を最後に引退してしまった水谷麻里
のラストシングルです。

「21世紀まで愛して」とちょっと不思議なタイトルだったけど、正統派アイドルとしてデビュー。
各新人賞では、頼りなさげな歌唱力で、切なく「乙女日和」を歌い上げていましたが、
翌年には、何故か太い声になり、後のパンプキンを従えて「バカ バカ バカッ」とか
「ポキチペキチパキチ」なんて、不思議ちゃんに変身〜!

てな訳で、正統派が好きな僕としては、異端のアイドルとして見てた訳ですが…

ただ、不思議ちゃんになる前だと思いますが、月曜ドラマラ ンド「ボクの初体験」で主演。
あらすじはよく覚えてないのですが、人に操られたのかロボットみたいな動きをしている彼女の演技が、
異様に可愛かったことだけは記憶にあります。


春休み」に話は戻して、、、
ラジオのランキング番組に彼女がゲストで出てきた時に流れた曲だったんです。
「あれっ?不思議ちゃん系の曲じゃないな…」と、彼女のイメージを一変させる
爽やかな心地いい曲だと思ったんです。

特に最後のフレーズ。
 ♪宝石箱へと想い出をつめる
  Bye-bye 春休み

「つめるぅ〜〜」と裏声になって、「バイバイ! はぁっるぅ や〜すみ〜」と続くくだりが、
耳に残って残って。

2004年発売の「水谷麻里コレクション」は、「春休み」を久しぶりに聴きたくなり購入。
mari.jpg

改めて聴くと、これが予想以上にいい曲、アイドル史の名曲の一つかも。
詩は難解なんですけど、一つ一つが印象的で、その景色や実際のシーンを思い浮かべるような。
そして彼女のラストシングルとしての意味が、裏に込められているような。


 ♪Ah〜目まいする フィルム早まわし
(今までの芸能活動はめまぐるしくて)

 ♪アドレス帳 白いペイジ開けたままで
  今は子猫 日差しの中遊びたいの
(疲れたから、スケジュールに追われずに自由な時間を楽しみたいの)

 ♪宝石箱へと思い出をつめる
  Bye-bye 春休み
(芸能界での素敵な思い出は全て箱につめて、ちょっと休ませてね。バイバイ〜。)


このCDを購入するまで知りませんでしたが、曲のラストにちょっとした仕掛けが。
曲がフェードアウトして終わっていき、音が消えかかるところで「♪21世紀まで愛し〜て」
とデビュー曲のサビが流れるという演出がされているんです。
急な(?)引退だったにも関わらず、作詞家、スタッフの皆さんに暖かく見送られたんでしょう。


引退後、そんな時を置かずに、漫画家、江口寿史と結婚したというニュースを聞いた時はびっくり。
あの人オジサンだよなぁぁと。

そして、いつだろう、そんなに前ではないですが、フライデーか何かで「水谷麻里」の近況が、
写真付きでのってました。かなり大きなお子さんがいるそうで、夫婦仲も良さそうで。

彼女の「春休み」が明けることはなさそうですね。


posted by ハルティ at 00:40| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 86年デビュー♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

「NO!」 by 島田奈美

先月の日本への一時帰国の際、新鮮な海の幸を食いに伊豆のとある漁港へ行って参りました!
具たっぷ〜りの海鮮丼を頬張り、新鮮なものは何でこんなに美味しいんでしょ〜、やっぱり日本は♪最高〜と満足した後、さてお土産屋へLet's go!
気分が良かったからか、土産物屋のオヤジさんの軽快な口車に乗せられ、余分なものまで買おうかと思ったその時に、

 ♪Oh NO! Oh NO! 

えっ?今流れた曲は何?
何だか懐かしいメロディーが耳に入ってくるじゃあ〜りませんか。
これって…島田奈美じゃ…?

そうなんです。島田奈美だったんです。島田奈美の「NO!」だったんです。
2009年伊豆の漁港でこの曲に反応したのは私一人だったでしょう…。
nami_no.jpg

さてと、「NO!」という歌を覚えてますか?

 ♪こういうのってよくある手よね 日当たりのいいサンルームでさ
  アイスオーレの氷ならして やけに涼しい会話が走る
  メガネの奥の優しい瞳 長めの髪をかきあげながら
  くどきことばを探してるでしょ そう簡単にひっかからない

ちょっと突っ張った感じの女の子が「私を口説こうったってそんなに簡単じゃ無いわよ〜」みたいな感じですねぇ。

島田奈美と言えば前作の「タンポポの草原」まで、女の子らしいフリフリの衣装を着て、「菊池桃子」とか「西村知美」とかの清純派路線の可愛らしい歌を歌っていたアイドル。

それが、「NO!」では曲調がダンサンブルな感じにガラッと変わり、衣装もGパン!
そして、とどめが威勢良く「NO!」!!!

 ♪NO! 心がブレーキ踏んでいる 
  NO! くちびるちょっぴりかみながら 
  NO! 体を石より硬くして   
  NO! あなたのまなざし感じていた

「NO!NO!」と言っているんだけど、実は…

 ♪え? 今 なんて言ったの 
  「僕のこと嫌い?」って聞いたの? 
  私「ううん」て首を振る 窓の外は8月

グラグラするかわいらしい女心だったりするんです。
2番の歌詞でも、彼から「海へ行こうか」という誘いを受けて、あっさりと陥落しちゃってます。

 ♪NO! 気持ちがぐらっと傾いて 
  NO! しっかりしなくちゃ駄目だわと

 ♪え? 今 なんて言ったの 
  「海のこと迷惑?」と聞いたの? 
  私「いえ」って頬そめた 窓の外は8月


さて彼女、この曲でアイドル路線も「NO!」ってな感じに、以降急速にアーティスト志向を高めていき、約2年後の90年7月に引退、本名の「島田奈央子」にて音楽ライターへ転身しました。
今ではDJなんかもやって結構活躍しているようです。

彼女には「内気なキューピッド」とか「パステル・ブルーのためいき」などストーリー性のある女の子らしい曲が多く、その路線が非常に合ってたと思ったけど、実際は、芯のしっかりした意志の強い女性だったようですね。


そうそう最初の話に戻って、漁港での余分なお土産は「NO!」ということで買わずにすみました。
ていうか、「NO!」が気になっちゃって土産物屋から離れざるを得なかったのが正直な所だけど(笑)
posted by ハルティ at 03:44| 香港 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 86年デビュー♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

「東京街(TOKIO TOWN)」 by 森恵

気合満点にユーロビート路線に参入した人を更にご紹介!
tokiotown.jpg

東京街(TOKIO TOWN)」をリリースした森恵
この曲はスマッシュヒットと言ってもいいんじゃないかな。かなりのお気に入り曲。

彼女は女優先行で活躍し、その後歌手デビューという経歴。
女優では「大映テレビ」の「乳姉妹」(凄いタイトルですねぇ…)が思い出されますねぇ。
出演者は大映テレビで毎度おなじみの伊藤かずえ、そして渡辺桂子も出てました。 


さてさて森恵さん、この人なかなか歌がうまい。加えてちょっとかすれた感じの声を出しちょっと色っぽい。
東京街」でもそんな声をふんだんに使って熱唱〜。

 ♪夢のため息が Ha-ah 聞こえ出すよ
  サファイアのピアス Fu-u はずませて

「はぁーん(Ha-ah)」とか「ふぅーん(Fu-u)」とか吐息交じりにうったえてきて色っぽさ満点、ゾクっとくる。
そして異常に貫禄がある振り付け。「どう私ってキマッてるでしょ?」みたいな堂々とした佇まい。
この人はアイドルというよりやはり女優さんです。


東京街」でスマッシュヒットをして気をよくしたのか、もう1曲ユーロビート系の「CRYING LOVE」を発売。

 ♪ねぇ、彼女とはうまくいってないの?
  落ち込んでいる顔しているとわかる 

なんて、またまたかすれた感じの声で色っぽさ全開。この曲もイケてた。だけど「CRYING LOVE」は残念ながらヒットしなかったなぁ。
彼女のベスト盤も発売待ち状態。ラジオから録音したカセットしか残ってないので、クリアな音質で聴いてみたい。

森恵さん、ユーロビート路線の先駆者達のようにはいかなかったけど、その後女優中心で活躍、その他特撮ヒーロー「ライブマン」で子供達のヒロインになったり、キテレツ大百科の主題歌を歌ったりと、色々な方面にてプチ活躍。器用な方でした。
posted by ハルティ at 04:31| 香港 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 86年デビュー♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

「Strange Pink」 by 山瀬まみ

山瀬まみ再び。

strange_pink.JPG

1年目に思うような活躍が出来なかったまみさんの2年目の第一弾がこの「Strange Pink」です。

この曲は果たして売れたのか、売れなかったのか。

当時、土曜日午後のFMで、トップテン系の番組がやってまして、この曲が発売されて結構たっていたにもかかわらず、何故かトップテン入りしていたんです。しかも何週かに渡って。

毎週、帰宅したらラジオ付けて、おっ!今週もランクインしてるって確認の作業をしていました。ゲストとしても出た筈です。確か次曲の「快傑ぶんぶんガール」を宣伝していた気がします。
だから本当に何でこの時期にランクインしていたのかって今でも不思議です。

オリコンや、その他のTV&ラジオの同様の番組ではランクインしたのを見たことがなかったので、ついに山瀬まみもブレイクか…と勘違いしてしまった。
「山瀬って結構いいよね、歌もうまいし…」と、少し照れながら兄貴に話した記憶があります。ブレイクしたんであれば堂々と言うべきなんですが、半信半疑だったので…。

結局は組織票か事務所のプッシュかって所だったんでしょう。歌ではブレイク出来ませんでしたよね。だって次曲が「快傑ぶんぶんガール」ですよ!?変わったキャラで売り出すことに方針転換完了〜ですね。


それはいいとして、不思議な味わいのあるいい曲だった記憶があるんですがねぇ。当時の記憶を頼りに、この曲の歌詞を文章にしてみると、
これがまた何だか意味不明な歌になってしまい、読んでくれた方に誤解を与えると困るので、調べました。You Tubeにて発見!!

何故にこれ程誤解をしていたのか、、、不思議です。
それでは誤解ワールドにご案内〜。カッコ内が本来の歌詞です。

 ♪交差点の影であなたはキャッチボール
  (防波堤の壁であなたはキャッチボール)
  私膝をかかえ見てる
  内心月明かりついてるみたいね 
  (最近すきま風吹いてるみたいね)
  そうだわKiss Me chu chu素早く くちびるチャイナ服
  (So Darling Kiss Me chu chu素早く くちびる盗んで)

 ♪Strange Pink 心は白 情熱は赤 ←この歌詞は2番
  Strange Pink ふたりしたいの  
  (Strange Pink溶けそうなの)  ←この歌詞は2番

 ♪桃色 黄昏は 好きな色
  (桃色 黄昏は 罪な色)
  お願い KISS ME CHU CHU素早く くちびるチャイナ服
  (お願い KISS ME CHU CHU自然に 肩を抱き寄せて)

かなり笑えます。
そう言えば、そう聞こえなくも無いよな、という部分もあるのですが、
「くちびる盗んで」が何で「くちびるチャイナ服」になってしまうのか自分でも全く持って分かりません。

アハハ〜、と笑って誤魔化す…

とにかく、いい歌だから皆さん聴いてみて下さい〜。
e_02.gif
posted by ハルティ at 19:32| 香港 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 86年デビュー♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

「Heartbreak Cafe」 by 山瀬まみ

heartbreakcafe2.JPG

いまではバラドル大御所のヤバゼバビさんも、昔はキャピキャピのアイドルやってましたよねぇ。
そんな時代の山瀬まみの各種新人賞における勝負曲が「Heartbreak Cafe」。TVで繰り返されるこの曲にはまってました。

しかしながら、当時、時代はおニャン子クラブ、世間の話題はおニャン子クラブってな時だったので、学校では「山瀬まみ?あぁ、いるよね」的な、話題にほとんどあがらない存在でした。

ということで、山瀬まみがいいとはとても言うことが出来ず、人知れずプッシュしていた一押しの名曲です。

 ♪Please don't say good bye
  雨が降ってる ガラス越しにブルーな都会

衣装はフリフリで、髪型はポニーテール、歌う前はブリブリアイドルソングを思い浮かべますが、出だしから、切なげな表情で歌い始めます。そしてかなり歌がうまい!

 ♪Heartbreak Cafe
  窓際に腰かけ 時計をはずしてポケットに隠した
  あなたは来ないのね

  Heartbreak Cafe
  くどかれたあの日に 許していたなら
  続いたのかしら 悔やんでも遅い 

畳み掛けるように、まるで状況が思い浮かぶように情感を込めて歌い続けていきます。

 ♪そう言えば 最初にキスした 夏の海辺も雨だったね
  忘れない 死ぬ日まで

この歌詞の部分で、腰をフリフリしてる所にやられました。色っぽくて、情熱的な感じで。

 ♪Please don't say good bye
  まだ泣かないで 待っているわ もう5分だけ
  Please don't say good bye

失恋した女の子の気持ちってこんな感じなんだと妙に納得、いい歌だし、うまいし、可愛いし、「一押し」のはずなんですが、、、

だけど、だけど、歌い終わり、新人賞の司会者に「今の気分はどうですか?」とコメントを求められ、例の舌足らずの声で、「エビフライのエビの感じ」。そりゃないよ〜。ずっこけました。
「えびふらい? えび?」緊張ってことを言いたいのでしょうが、、、さすがに司会者も困ってました…


そう言えば、前回藤井一子の時に書いた友達が山瀬まみも好きでした。だけど素直じゃない僕は、「え〜?」なんて言って茶化したものでした。

友達は真剣に、「何で山瀬まみは売れないの?」
「変だから?じゃん?」
「おニャン子にいたら売れる?」
「ニャンギラスとかあるし、絶対売れるんじゃん。」
なんて話してたことが懐かしく思い出されますねぇ〜。
posted by ハルティ at 04:34| 香港 | Comment(4) | TrackBack(0) | 86年デビュー♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

「オータム・リップス」 by 浅倉亜季

asakurabest.jpg

「南ちゃんを探せ」オーディション出身の彼女です。前回のブログ「南」つながりということで選んでみました。

当時、少年ジャンプが優勢の中、兄貴の影響で少年サンデーを毎週買ってました。「タッチの南ちゃん」だから、サンデーのグラビアに頻繁に登場、デビュー前からかなりイケるんではないかと期待を持っていた子です。タイプ的に好きな女の子でもあったし。

『タッチ』の挿入歌だし、ローソンCMソングにも使われた「南の風・夏少女」でデビュー。期待度高かったし、この娘は売れるんだろうなと勝手に思ってたんですが、低迷…。

爽やかないい曲だったんですがね。当時テレビっ子でしたが、デビュー曲をテレビで歌っている姿を見た記憶もなかったから、一部メディアのみの展開だったのでしょうか。


今回紹介するオータム・リップスは第二弾。ローソンCMでも流れてたし、各種新人賞でこの歌を歌っている彼女をよく見かけました。ようやくTVで見れたよ、って感じでプチ感動状態。

 ♪学園通りの並木 あなたの後ろを歩く
  制服の胸が苦しいの 
  今日はあなたの視線が少し 怖くて並んで帰れない
  
  秋の唇は 夕陽の赤より 切なく燃えてます
  キッスをした夢を見るたび 
  色づくのねオータムリップス

ドキドキした純情な感じとちょっとHな妄想がいいですよね〜。
色づいたオータムリップスなんて、、、。高校生の時にこんなドキドキ感、味わいたかったなぁぁ。

やっぱりこの曲も売れなかったし、カワイイのになぁ〜、何でだ〜なんて思ってました。周りの友達の反応も鈍かったし。「浅倉?あ〜、ローソンの?」みたいな。


少し前にケーブルテレビで月曜ドラマランド版「タッチ」をやっているのを見かけ、懐かしすぎて見入ってしまいました。

が、しかし、んんん?浅倉亜季ってこんなだった?
髪型ヘ〜ン、スラッとした印象があったが、何かドッシリした体型。演技もヘタヘタだし〜。B級感がた〜んまり(笑)。ちょっと驚きでしたね〜。


そう言えば南ちゃんオーディションでは「生稲晃子」が準優勝でした。南ちゃんという雰囲気では、生稲ちゃんの方が適任だったような気がしますが。落選した生稲ちゃんはおニャン子入りして大活躍。優勝した浅倉亜季は、あっという間にフェードアウト。生稲ちゃんの運がいいのか実力か…

浅倉亜季は、オーディション合格⇒芸能活動の為に、高校を退学したはずなんですが。その割にはあっさりと(?)芸能界を去ったようです。まぁ、ずるずると芸能界残って、グラビア⇒ヌードなんて展開もファンとしては複雑ですからね。

辞めた後の彼女の消息って一切聞かないんですが、結婚とかして幸せにやってるんでしょうか…?ググッて見ても全く情報無いし、誰か知っていたら教えて下さい。
posted by ハルティ at 17:49| 香港 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 86年デビュー♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

「045」 by 杉浦幸

045.jpg

この人は兎にも角にも「ヤヌスの鏡」でしょう。当時かなり夢中になって見てました。「小沢裕美と大沼ユミ」。ドラマの中で「大沼ユミ」を見かけると、みんなが「あいつは小沢か?」って言うわけですが、馬鹿な私は「同一人物には見えないよ〜」なんて心の中で思ってましたが(笑)

実は彼女はご近所の出身。私の高校にも同じ中学出身の人がいて、「ああ、杉浦幸?ヤン女だったよ〜」、「いつも保健室入りびたり…。」って。

ヤンキーの王道保健室!?本当?

デビュー後しばらくして「このこ誰の子?」が終わった辺りでしょうか。少年サンデーの懸賞で、よみうりランドイーストでの杉浦幸ファーストコンサートが当選!
2枚の無料券をもらったので、何人かに声をかけましたが、皆、「杉浦幸?別に好きじゃない。」と言って断られたので、仕方なくよみうりランドへ一人出陣しました。

終了後、杉浦幸が来場者全員と握手してくれることに。握手出来たのはほんの一瞬でしたが、「幸、カワイイ、キレイ!!!」

握手を終えた私は、グッズ売り場に直行、最新曲の「045」を買ったという思い出の1曲です。

 ♪おめでとうって一言 伝えたくって
  あなたのバースデー
  
  そして045 指からめ歩いた 陽炎の坂道 

う〜ん、断片的にしか覚えてません。うろ覚えですが解説すると、誕生日に彼に電話をしようと思い、横浜の市外局番「045」をかけるのだが、「その後を回せず…」なんて感じだと思います。
今の時代は携帯にかけりゃいいのだから、差し詰め「090」か。

家に帰って、カワイイ、キレイな幸を思い出しつつ、繰り返し聞いていたら、母親の一言。

「なんかお経みたいだね。」

そうです、彼女は歌が下手だったんです〜〜!!!

その後の杉浦幸と言えば、グラビアでもったいぶって食いつなぎ、下品で奔放発言キャラに変身、ギャンブル好きでパチンコアイドル=パチドルで活躍とか。
まぁ、何だかんだと芸能界に残っていますね。

だけど、今の姿を見るにつけ「カワイイ幸は幻想だったんだな」と、「保健室伝説は嘘ではなかったんだ」と再認識。

e_02.gif続きを読む
posted by ハルティ at 02:44| 香港 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 86年デビュー♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

「Sweet Summer Lady 〜年下のサーファー・ボーイ〜」 by 中沢初絵

sweetsummer.jpg

この人との出会いは衝撃でした。

多分なんかの新人賞とかだったと思うのですが、浅黒い肌で少し長めの顔のお姉さんが、青(?だったと思う)のフリフリ系を着て出てきて、

 ♪青空と 白い雲 どこまでも続く海
  ここは トキメキブルー海(?)
  彼はまだ年下サーファーボーイ

なんだか凄い見ているこちらが恥ずかしくなるようなハチャメチャなノリと、決してうまくはないが耳にしっかりと残るネコナデ系の声を張り上げ、出だしから一気にサビを歌うじゃないですか。
この時代は殆どのアイドルに目を通していたので、自分が知らない、こんなアイドルアイドルした人がまだ隠れていたことにちょっと驚きました。本人は、アイドルをやってることが楽しくてたまんないよ〜、みたいな感じ。目いっぱいアイドルを演じてました。
 
 ♪口紅の色を 少し変えてみただけでも 
  ちょっぴり大人の気分ね sweet summer lady
  8月の海で 浜辺で視線感じてた
  ビキニの紐をはずしちゃった背中に 

「♪はずしちゃた背中に」と歌うキンキン声の変な歌声とかツボに入ってしまい、よく口ずさんでいたものです。 
 
2曲目は、「中国恋魔術(チャイナマジック)」というこれまた不思議な雰囲気を持った曲を歌ってました。

 ♪チャイ チャイ チャイ チャイナマジック
  チャイ チャイ チャイ チャイナモーション
  抱きしめてエキゾチック

「♪抱きしめてエキゾチック〜」でお得意のキンキン声を披露、でもやっぱり耳に残って仕方がない、忘れられない1曲です。


しかし、衝撃を受けたのはこれで終わりではありませんでした。それから10年以上がたったある日のこと。

あるオカマキャラのタレントがアイドルデビューするという記事があり、お姉さんも応援しているとのこと。
そのお姉さんは昔アイドル歌手だったとのこと。そしてお姉さん名前は「中沢初絵さん」と紹介されてました。
彼女は山咲トオルのお姉さんだったですよ〜〜!!!

いやぁ、ビックリ。この人にはいつも驚かされます。
posted by ハルティ at 04:15| 香港 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 86年デビュー♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。