2007年12月11日

「秋からのSummer Time」 by 仁藤優子

summertime.jpg

もう12月なのに秋唄かよって感じですが、僕の住んでいる地はまだ秋って感じの暖かさなので。。。さて、秋と言えば仁藤優子の「秋からのSummer Time」って言える程、好きな歌でした。


 ♪街へ帰るカブリオーレ 風のバラードききながら

実は、つい最近まで「カブリオーレ」とは「スカイライン」とか
「マークU」などのような名称かと思っていました…
「オープンカー」の意味だったんですね。知らなかった…(汗)


 ♪真夏の恋は続かないって そんなのジンクスね

  秋からのSummer time 両手で描いてゆく
  消さないでSummer days 指きり約束よ

  I love you so 聞こえないふり 
  もう意地悪 こんなに好きなのに


当時の優子ちゃんは滅茶苦茶可愛かった。キラキラしてました。天才的に可愛いと称してもよかったかもしれません。
そんな優子ちゃんにピッタリの可愛らしい甘い歌詞。優子ちゃんに「もう意地悪、こんなに好きなのに」なんて言わせるニクイ男は誰だ!!!


彼女のデビュー曲「おこりんぼの人魚」は、実はTVで歌っているのを見たことがなかったのですが、ラジオで聞いた時、伸びのある声で結構歌の上手い子だなぁと思ったのです。この子はイケルんじゃないかと。

しか〜し、、、「秋からのSummer Time」を引っさげて各種新人賞レースに登場した彼女の歌声に衝撃。えっ!?、仁藤優子どうしちゃったの???

実は彼女、喉を痛めてしまったようで、高音部「カブリオーレ」「ジンクスね」「I love you so」とか軒並み、声が裏返ってかすれてしまい、可哀想でした。


その後のキャラ変更はそれが影響したのでしょうか。あれだけ可愛くキラキラした彼女だったのですが、あっという間に、ヤサグレた感じのズケズケ物を言うキャラに変身し、短い髪にした頃は、何となく性格悪いのかななんて感じを醸し出して。

ホントに残念でした。正統派アイドルって感じだったのに。


彼女、現在もまだホリプロにに残ってがんばっている様子です。
そして何故かフットサルチームの一員です。モー娘とかと試合してるんですかね…?でも仁藤さん、もう三十?才ですよ。怪我しないように頑張ってくださ〜い。


posted by ハルティ at 04:56| 香港 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 87年デビュー♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私、この歌と、「センチメンタルはキ・ラ・イ」のドーナツ盤を持ってます。
ミニアルバム「EASTER」で山口百恵さんのカヴァーをしたときの優子さんが一番好きです。
カラオケでの配信が少ないことが悲しいです・・・。
Posted by JUN*2 at 2007年12月11日 10:06
センチメンタルはキ・ラ・イでちょっと路線変更しましたよね。
”♪キライ〜 センチメンタルは〜”ってところが、喉がつらそうで可哀想でした。
Posted by ハルティ at 2007年12月13日 03:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

IDOL TRIBUTES(Vol.19)「仁藤優子@・秋からのSummer Time」
Excerpt:  残暑は続いていますが、少しずつ朝夕が涼しくなり、蝉時雨もいつの間にか消えて、気
Weblog: ハイブリッド写真家の「世間を見る眼」
Tracked: 2010-09-01 19:35
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。