2007年08月29日

「キミはどんとくらい」 by 立花理佐

立花理佐を取り上げるのだが、本当は彼女についてはB級扱いしてはいけない存在であろう。

何せ、天下の日本レコード大賞、最優秀新人賞受賞歌手であり、受賞曲は今回取り上げた「キミはどんとくらい」であるのだから。
kimihadont.jpg

だけど、彼女からはどうもB級臭しかしてこないんだよね。。。


そもそも「キミはどんとくらい」というタイトルからB級臭がするではないか。

この曲が発売される前に、
「キミはDon't cry」なのか「きみはドーンと暗い」のどちらの意味かは聞いてからのお楽しみ〜、と何かの雑誌に書かれていたが、そんなの普通Don't cryだろと一人突っ込みした記憶がある。

加えてこの曲、立花理佐の後ろにはへんな仮面を被って黒と白のタキシードみたいなのを着たバックダンサーが控えており、コミカル系のダンスをしていた。

う〜ん、う〜ん、う〜ん、、、

 ♪キミはどんとくらい どんとくらい
  私もどんとくらい どんとくらい  
  本当は泣き虫なのに

  いつもどんどくらい どんとくらい
  口癖どんとくらい どんとくらい
  思い切り無理していること 見え見えだけど
  キミが好きだよ

歌の内容と変なバックダンサー達の関係がさっぱり分からず、、、


そして彼女の歌がまた上手くない。そしてルックスも正直可愛いと思った事がない。学校でも全然話題にもあがらなかった。今更”毎度”〜? え〜立花理佐〜?みたいな雰囲気。

彼女のライバル「ピーピー」言ってた酒井法子は、当時頭悪いようなイメージで嫌いだったがピーの方が可愛い。(当時はピー呼ばわりしてた…、今ではのりピー好感もってます。)

やっぱりどこからどう見てもB級感ありありなのである。。。
確かにデビュー曲「疑問」がオリコン初登場2位ってのは凄いことだけど、B級アイドル認定!ということで。


では何故、B級の彼女が最優秀新人賞を取れたのか。

当時は賞レースがまだ一大イベントだった頃。
噂系の雑誌ではこの年の最優秀新人賞予想として、同じTBSのレコ大と毎度の関係上、立花有利と書いてあった。

流石にピーの方だろと思ってたけど、最終的に立花理佐が取った。
この時に賞レースって本当に出来レースなんだって大人の事情を悟った。そういえば同じく毎度出身の中山美穂もレコ大だけ出てきて最優秀新人賞をかっさらったもんね。。。


その後、彼女はレコード会社のトラブルに巻き込まれ事実上の引退となり、実家に帰り、得意な水泳のインストラクターをしたりしていたようだ。
写真週刊誌に「あの人は今…」みたいな記事で「美人水泳コーチ」として何度かお見かけした。

その後は芸能界復帰し、ちょっと前にはつんくプロデュースで歌も出してたりして、結構長持ちしている。

やはり最優秀新人賞を取っただけのネームバリューはあるんだね。
大人は彼女に商品価値があるのを分かってくれてましたー。


posted by ハルティ at 04:53| 香港 ☁| Comment(13) | TrackBack(0) | 毎度&夏体験♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
立花理佐さん・・・うちの妹は「刹那主義」という歌が好きで、レコードを借りてました。
私は、かまやつひろしさんが作曲した「大人は分かってくれない」が好きです。
同じ関西人として、私は理佐さんと畠田理恵さんを同じくらい応援してました。
Posted by JUN*2 at 2007年08月29日 15:27
ちょっと辛口の記事を書いてしまいましたが、
僕も”大人はわかってくれない”は何気に好きでしたよ。
Posted by ハルティ at 2007年09月03日 01:08
ハルティさんの理佐ちゃん記事、見つけました^^。

やっぱり2年目の終わりの...いきなりの引退ってのがすべてを0にしちゃったような気がします。アレが無かったら歌ではアレにしても、女優として活躍ができるような小回りの良さみたいなものはありましたよね、彼女って。

Posted by CHERRY CREEK at 2008年09月25日 22:44
CHERRYさん、見つかってしまいましたかぁ…
恥ずかしい。。。

立花理佐はトップアイドルでしたからね。知名度も抜群でしたし。女優もそうですしバラドルとかでも活躍出来たかと思います。事務所のトラブルって厄介ですよね。
Posted by ハルティ at 2008年09月25日 23:53
立花理佐さんは結構、当時夜ヒットスタジオで見かけました。歌も結構好きでしたね「疑問」、「大人..」など。顔も結構濃い?眉太&がっちりとした体格でかなり鮮明に覚えてます。
Posted by invest at 2009年09月15日 20:49
「疑問」で声がちょっとひっくり返ったりするところや、「大人..」で苦しそうに歌う理佐さんは、結構突っ込みどころ満載、僕のツボに入る人でした。

彼女、結構多方面で活躍してますよね。ファミコンのソフトにもなっちゃった気がします。
Posted by ハルティ at 2009年10月06日 04:20
確か事務所にも今でも所属しているようです。
Posted by invest at 2009年10月06日 23:25
事務所のHP見てみました。結婚&出産後は殆ど目立った活動はしてないようですね。
Posted by ハルティ at 2009年10月13日 03:40
>立花理佐の後ろにはへんな仮面を被って黒と白のタキシードみたいなのを着たバックダンサーが控えており、コミカル系のダンスをしていた。

まさしくこの二人は、恵と石塚のホンジャマカでしたね!
懐かしいです。
Posted by Canta at 2010年08月23日 22:08
Cantaさん初めまして。コメントありがとうございます。
白衣装の方が石塚だったんですよね。軽快に踊っていて驚き。
黒衣装は多分恵じゃないと思います。あの頃の恵って石塚なみの巨体だったんでね。
Posted by ハルティ at 2010年08月28日 12:08
理佐は私の知る限り、後にも先にも最も素晴らしい
アイドルである
Posted by くいだおれ人形 at 2010年12月09日 16:23
理佐が復活したっていうのは本当のことか
どれほどこの日を待ちわびたことか
Posted by くいだおれ人形 at 2011年01月14日 11:25
くいだおれ人形さん、今更の返信でごめんなさい。
「80年代の“妖精”立花理佐が完全復活宣言」って本当だったんですね。知らなかった…
Posted by ハルティ at 2011年04月05日 03:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。