2006年12月30日

「オータム・リップス」 by 浅倉亜季

asakurabest.jpg

「南ちゃんを探せ」オーディション出身の彼女です。前回のブログ「南」つながりということで選んでみました。

当時、少年ジャンプが優勢の中、兄貴の影響で少年サンデーを毎週買ってました。「タッチの南ちゃん」だから、サンデーのグラビアに頻繁に登場、デビュー前からかなりイケるんではないかと期待を持っていた子です。タイプ的に好きな女の子でもあったし。

『タッチ』の挿入歌だし、ローソンCMソングにも使われた「南の風・夏少女」でデビュー。期待度高かったし、この娘は売れるんだろうなと勝手に思ってたんですが、低迷…。

爽やかないい曲だったんですがね。当時テレビっ子でしたが、デビュー曲をテレビで歌っている姿を見た記憶もなかったから、一部メディアのみの展開だったのでしょうか。


今回紹介するオータム・リップスは第二弾。ローソンCMでも流れてたし、各種新人賞でこの歌を歌っている彼女をよく見かけました。ようやくTVで見れたよ、って感じでプチ感動状態。

 ♪学園通りの並木 あなたの後ろを歩く
  制服の胸が苦しいの 
  今日はあなたの視線が少し 怖くて並んで帰れない
  
  秋の唇は 夕陽の赤より 切なく燃えてます
  キッスをした夢を見るたび 
  色づくのねオータムリップス

ドキドキした純情な感じとちょっとHな妄想がいいですよね〜。
色づいたオータムリップスなんて、、、。高校生の時にこんなドキドキ感、味わいたかったなぁぁ。

やっぱりこの曲も売れなかったし、カワイイのになぁ〜、何でだ〜なんて思ってました。周りの友達の反応も鈍かったし。「浅倉?あ〜、ローソンの?」みたいな。


少し前にケーブルテレビで月曜ドラマランド版「タッチ」をやっているのを見かけ、懐かしすぎて見入ってしまいました。

が、しかし、んんん?浅倉亜季ってこんなだった?
髪型ヘ〜ン、スラッとした印象があったが、何かドッシリした体型。演技もヘタヘタだし〜。B級感がた〜んまり(笑)。ちょっと驚きでしたね〜。


そう言えば南ちゃんオーディションでは「生稲晃子」が準優勝でした。南ちゃんという雰囲気では、生稲ちゃんの方が適任だったような気がしますが。落選した生稲ちゃんはおニャン子入りして大活躍。優勝した浅倉亜季は、あっという間にフェードアウト。生稲ちゃんの運がいいのか実力か…

浅倉亜季は、オーディション合格⇒芸能活動の為に、高校を退学したはずなんですが。その割にはあっさりと(?)芸能界を去ったようです。まぁ、ずるずると芸能界残って、グラビア⇒ヌードなんて展開もファンとしては複雑ですからね。

辞めた後の彼女の消息って一切聞かないんですが、結婚とかして幸せにやってるんでしょうか…?ググッて見ても全く情報無いし、誰か知っていたら教えて下さい。


posted by ハルティ at 17:49| 香港 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 86年デビュー♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分もこの曲は賞レース番組で聴いて一発でスキになりました。秋らしい雰囲気がよく出た曲でしたよね。ドラマランドで「タッチ」に出演したりして、あともうちょいってトコロまできていた感があったのですが...この方も最後はお洋服を!芸能界ってコワイ。(笑)
Posted by Cherry Creek at 2008年05月31日 16:53
当時は、何故浅倉亜季が売れないのだ、と真剣に怒ってました。(笑)
今、彼女の情報探しても殆ど見つからないし、Youtubeでも全くUpされてないし、
思いのほか、人気が無かったんだなぁ、と。
Posted by ハルティ at 2008年06月01日 20:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。