2006年07月01日

「冬のレインボー」 by 小林彩子

小林彩子さんです。おしんは小林綾子です。人違いです(お約束)。
小林彩子、マイナーです。とてつもなくマイナーですよねぇ。
ayako_rainbow.jpg

ちなみにこのブログでは愛すべきB級アイドルを中心に書いていきたいと思ってますので、彼女のようなマイナー系を多く取り上げます!

さて彼女、レコード会社は大手のソニーだったのに、プッシュは正直ほとんどなかった気がします。

最初写真で見た時は、背が高くて、肩幅があるなという印象しかなく、特段に興味はなかったのですが、このデビュー曲を聴いて俄然はまりました。

 ♪本当は怖いくせに ららららららららら〜ら(不明…)
  あなたのその笑顔が 痛いくらい愛しい

 ♪冬のレインボー 彼に力を分けて欲しい
  たった一人で 遠い夢と戦っているね

 (あくまでも記憶に残ってる歌詞です、悪しからず。)

「本当は怖がりなのに、強がって頑張ってるあなたに、雨上がりの虹が力を与えて欲しい。」というような軽快かつ爽やかな応援ソング(多分そうです…)。

初めて聴いたときに「こりゃ掘り出し物だ!」と思いました。「彼女の2曲目はどんな曲かなぁ」と期待させるに充分なデビュー曲だったと思います。

そういえば、彼女は「スワンの涙」に出演していましたね。それで知っている人もいるかな。


posted by ハルティ at 05:37| 香港 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 88年デビュー♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「冬のレインボー」、長崎屋では猛プッシュされていましたよ。店内の至る所でかかっていました。キャンペーン終了後ではありますが、尼崎店の火災が痛かったですね。
Posted by at 2015年12月25日 07:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。