2010年08月31日

「追いかけて夏」 by 小沢なつき

前回の「不思議少女ナイルなトトメス」と特撮物つながりの一品をご紹介しましょ〜う。
その名も「魔法少女ちゅうかなぱいぱい」。この番組でぱいぱい役で主演をしていたのが小沢なつき

小沢なつきと言えば、近年の「そこまでやるか〜(後述)」的な活動ばかり思い出してしまいますが、いやいや〜彼女は可愛かったんですよ〜当時は。

1986年ドラマでデビュー、翌年に歌手デビュー、少年隊の映画「19ナインティーン」に出演したりして前途洋洋な出だし。
oikaketenatsu.jpgデビュー曲は「追いかけて夏」。

 ♪追いかけて 追いかけて な〜つ〜ぅ(夏)
  探したい 探したい こ〜い〜ぃ(恋)

弾むような軽やかな出だしで、決してうまくない少し頼りなげなボーカルがまた可愛らしく。
なにより若干14歳という若さ!華やかな外見に反して恥ずかしがり屋で、コメントもうまく話せない控え目な美少女。後藤久美子から始まった「美少女ブームのホープとして彗星のごとく現れた」はずだったんだけど…。

約1年後に「花のあすか組」に抜擢された頃には、なんだか輝き感がなくなって疲れが垣間見えるような表情へ。挿入歌「きれい?」で夜ヒットに出演したが、「追いかけて夏」で見せた躍動感は感じられず、何だか笑顔もぎこちない感じで、これじゃちょいと売れるのは厳しいかなぁ…と思ったものです。

その後主役に抜擢された「魔法少女ちゅうかなぱいぱい」が段々注目されてきた矢先に、失踪(マネージャーと駆け落ち…?)、降板、引退という衝撃的結末。


結末から4年の歳月が過ぎた頃、ヘアヌードブームの折りに「早熟」というヌード写真集を発売。いやぁ、もう驚きというかなんというか、「あの小沢なつきが脱いじゃうの…ホント?信じられない…」。小沢なつきが脱ぐっていうのは、本当に考えられないことでした。

当時本屋でバイトしていたんですが、「早熟」が売れに売れるんですよね。店長が「あの写真集やたら売れるんだけど有名な人?」って不思議がってました。これだけ売れるんだったら、小沢なつきも勇気を出した甲斐があったじゃないか!と少し前向きに捉えたんですがねぇ。。。
第二弾写真集はより過激に。その後も脱ぎ要員としてVシネマに何本か出演。もう辞めた方がいいよ…と思っている内にフェードアウト。


そしてまた10年近い年月が過ぎ、ロンブーの番組に突如出演。番組中に敦に自身の胸を触らせるなど、ついに頭がおかしくなってしまったのか、、、と思っていたら、その何カ月後にアダルト作品を発売するという暴挙。もう勝手にしておくれ〜。


 ♪追いかけて 追いかけて夏 
  探したい 探したい恋
 
  自由の羽で飛んであなたの元へ 飛んで行きたい

自由な羽であなたはファンを置いてきぼりにして飛んで行ってしまいました。
本当に残念なアイドルでした。芸能界って怖いっ…。


posted by ハルティ at 08:34| 香港 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 87年デビュー♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近、私と同じ昭和47年度生まれアイドルを、
連続でフィーチャーして下さるので、
うれしいです♪
小沢なつきさんの持ち歌では、
「卒業」が好きです。
Posted by JUN*2 at 2010年08月31日 20:17
JUN*2さん、
ありがとうございます!
「追いかけて夏」「クリスマスには間に合わせたい」「卒業」と、3部作ではないけど、佳曲が続きました。もっと売れても良かったと思うけど。
売れてたらこんな事には…?
Posted by ハルティ at 2010年09月06日 00:47
小沢なつきも好きな子でした。
石立鉄男主演の「パパ合格 ママ失格」
で内田さゆりと姉妹役で共演したのが最初でした。
絵に描いたような美少女でブレイクするかと思えば泣かず飛ばず。
「なかなかドジラング」や「花のあすか組」に出演するも
何か影が薄い感が否めない。
「魔法少女ちゅうかなぱいぱい」でよーやく魅力爆発。
これでブレイクかと思えば失踪、引退。
後にカムバックするもH系ばっかり。
果てはAV。
この子、運が無かったのか周りに良きスタッフが居なかったのか。
惜しかったアイドルです。
Posted by わい at 2013年08月17日 00:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。