2009年08月03日

「アイ・ハード・ア・ルーマー」 by 真弓倫子

ユーロビート路線をもう少々…。

mayumiIheard.jpg

片想いグラフィティー」で爽やか元気で健康的な可愛いぃ〜お色気を振りまいておりました真弓倫子ちゃん。彼女も素材がいいのにブレイク出来ず、世のユーロビートブームに乗っかり、バナナラマの人気曲「アイ・ハード・ア・ルーマー」をカバー。でもこの頃は、かなりビジュアルの変化が。随分大人っぽくなっちゃって〜。(あんなに可愛いかったのに、ちょっとジャケット怖いです。。。)この年頃の女の子の成長は凄い。


 ♪銀のエナメル きらめくパーティシューズ
  ファンタジックにきめて 踊るいつまでも

  バラのように 風のように 星のように 気取るの
  好きよ 愛のダンシングナイト 夢見てエブリナイト

バナナラマの歌を日本語で且つ一人で歌うとなると、どうなるんだろうと発売前に思っていたが、いまいちノリきれないというか、盛り上がりがなく、単調な印象に。
彼女は歌もうまいし、ダンスもこの路線で成功した荻野目ちゃんや長山洋子のような硬い動きも無く軽快にこなすため、淡々とそつなくこなしているように見え、逆に面白みというか、印象が薄くなってしまう。

 ♪アイ・ハード・ア・ルーマー 噂のエンジェル
  アイ・ハード・ア・ルーマー 

後半は間奏も長いし、「♪アイ・ハード・ア・ルーマー」を連呼。ちょいと間が持たない、可哀そう。

この選曲は失敗だったなと思う。結果が出せなかったからか、この後、彼女は事務所との契約終了となってしまう。

その後の彼女は「片想いグラフィティー」のレビューにて書いたように「脱ぎ要員」へ。

あ〜勿体無い。


posted by ハルティ at 03:38| 香港 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 87年デビュー♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
真弓倫子さん・・・この歌にドラマのタイアップがあればもう少しヒットしたかもしれませんね。
BaBeの「Give me up」みたいに。
Posted by JUN*2 at 2009年08月05日 19:24
同時期にドラマ「トキメキざかり」に出演していたはずなので、挿入歌とかになってればもうちょっとイケたかもしれませんよね。
Posted by ハルティ at 2009年08月07日 04:07
87年位になると現在まで活躍されてる方は少なくなってきてますね。アイドル離れが言われた90年代に続く前兆でしょうか。当時安永亜衣さんが確かドラマデビューして結構ファンでした。
Posted by invest at 2009年09月16日 10:36
安永亜衣さん、「♪if もしも〜」ですね。プロゴルファー祈子、好きでよく見てました〜。
Posted by ハルティ at 2009年10月06日 04:48
>プロゴルファー祈子、好きでよく見てました〜。
そうそう。祈りっ子みたいな。
Posted by invest at 2009年10月06日 23:31
そうそう、祈りっ子〜。それ言ってたのは風見しんごでしたっけ?
Posted by ハルティ at 2009年10月13日 03:48
お父さんもいってました、回想で。
Posted by invest at 2009年10月16日 00:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。