2009年04月21日

「容赦なく愛して」 by 本田理沙

yoshanakuaishite.jpg

本田理沙さん、復帰に際しOfficial Web Site及びアメーバブログを開設してました。
娘と息子がいて、いずれも小学生のようです。そんな時期にヌード写真集出版して大丈夫だったのでしょうか…

それはさて置き、彼女の歌をもう1曲レビューしようと思います。

デビュー曲以降、悪魔セクシー系のカテゴリーの中で、「本気!(まじ)」、「さそって入口ふるえて出口」と、らしい曲をリリース。
同じエロでも彼女は可愛らしいエロさを前面に出した方が良かったんじゃないかと思うのですが。

そんな中、デビュー後1年以上してやっと路線を変えて、可愛げな曲「容赦なく愛して」をリリース。
アニメ「おぼっちゃまくん」の主題歌で、小林よしのりが作詞したという宣伝でしたが、この曲がう〜ん…。
衣装や振り付けは可愛らしいのに、彼女の魅力をわざと消しにかかっているのかとも思える楽曲で、、、

 ♪優しくして 楽しませて 笑わせてみて
  甘えてみて 触ってみて 囁きかけて

彼女は歌が結構うまいのに、冒頭からずっと低音が続き、彼女の伸びのある声を生かす事が出来ず、苦しそう。

 ♪でもね ときめくこと まだね、無いのよ

続いて高音部へ移動したと思ったら、

 ♪容赦なく激しく愛して 
  強く つらく 甘く贅沢すぎるほど

最後のサビになってまた低音に戻ってしまい、声がくぐもってしまいます。
「甘く 贅沢すぎるほど」って所のメロディーと振り付けがお気に入りなんですが、ここは可愛さをアピール出来る絶好のチャンスのはずが、低音で苦しそうに歌っているのを見るにつれ、勿体無いなぁといつも思います。


この曲以降はまたセクシー路線に戻り、化粧も濃くなり、きわどいグラビア、写真集で延命を図り、最後は結婚して芸能界を引退。
その後しばらくして彼女の名前を久しぶりに聞いたのは、結婚した相手がちょいとヤバい事で逮捕されたというニュースでした。

いろいろ苦労されたようですが、ブログを読むと今は幸せそうです。
復帰といっても簡単ではないと思いますが、マイペースで頑張って欲しいです。


posted by ハルティ at 02:27| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 88年デビュー♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。