2008年12月31日

「雨に消えたあいつ」 by 伊藤智恵理

amenikietaaitu.jpg

こんばんは〜。今年も残すところあと僅か。
12月になったらレビューしたいと思っていたこの曲、何とか間に合わせることが出来ました。ふぅ〜。

 ♪December Rain
  雨に消えたあいつ 胸に秘めた恋は 最後に白い息にかわる

サビの素敵な歌詞から始まる名曲中の名曲です。
何故、雨の季節でも無い12月を題材にしたんだろうと思いましたが、「白い息にかわる」という情景のためなんでしょうね。「白い息にかわる」情景はロマンティックですから。12月の寒い時期の雨についたため息が白くなって、その切ない思いが昇華する感じでしょうか。


さて、今を遡ること5年前の2003年の12月にアイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念のイベントが新宿のフラッグスのタワーレコードでありました。
普段このようないイベントは行かないんですが、ゲスト名に我妻佳代と伊藤智恵理とあり、ついつい気持が抑えきれなくなり行ってきたんです。

伊藤智恵理はベストアルバムは何時か何時かと待ち焦がれていたアイドルであり、ベストが発売されると聞いて非常に興奮というか嬉しかったですね。
発売前にネットで予約して購入。イベント前に繰り返し聞いていて、彼女の歌は当時それ程ヒットしなかったのですが、どれもこれも覚えている曲ばかりでした。

その中でも、「雨に消えたあいつ」はどこか心に残る印象的な歌。

イベント前に、当日歌は歌うのか、歌うのであれば何を歌うのか、ネットで盛り上がっていました。僕と同じように、この名曲「雨に消えたあいつ」を希望する声が多くあがってました。

イベントが始まり、もう一人のゲスト辻沢杏子さんは歌を披露せず、我妻ちゃんは「プライベートはデンジャラス」と「ひとさし指のワイパー」を披露。
伊藤智恵理はというと1曲目に「夢かもしれない」、そして2曲目のイントロが流れると、観客の間にオーッという大き歓声が起こったのを覚えています。
待望の「雨に消えたあいつ」が発売から16年後の同じく12月によみがえりました。
この曲を聴くと、何となく懐かしい思い出がよみがえって来るような気がするんですよね、非常に心地いい空間でした。

相変わらず細くて、可愛いらしいし、変わってないなという印象でした。
でも、当時それほどヒットしたわけでもないのに、あれだけのファンがいるというのは凄いことですよね。
昨年デビュー20周年で一時復活したみたいですが、事務所と揉めたような感じで、またしてもフェードアウト。

彼女の歌唱力は非常に定評があるので、もう一度大人の歌を歌うシンガーとして復活しないかなぁと願ってます。


posted by ハルティ at 23:47| 香港 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 87年デビュー♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨年12月にはディナーショーをしたそうですよ。
20周年記念ライブには2回行きました。
1回目は、歌はもちろんですが、直接お話できたりして楽しかったです。
2回目は、事務所と揉めてからだったので、歌自体は良かったのですがね。
Posted by ダイスの眼 at 2009年01月04日 13:41
伊藤智恵理さん・・・国生さゆりさん主演のドラマ「キスより簡単」でデビューしましたよね。
「パラダイス・ウォーカー」、懐かしいです。
私にとっても、智恵理さんといえば、「トキメキがいたくて」や「雨に消えたあいつ」のような歌のほうが印象に残っています。
Posted by JUN*2 at 2009年01月06日 18:30
ダイスの眼さん、
昨年12月のディナーショーのこと全く知りませんでした。調べてみたら内輪のパーティーっぽい感じだったようですね。
もう一度ちゃんと復活出来ないですかね。

JUN*2さん、
「キスより簡単」観てました。劇中歌でデビューしましたよね。デビュー当時はあまり好きではなかったんですが、「トキメキがいたくて」から自分の中で彼女の株がグゥーっと上昇しました。
Posted by ハルティ at 2009年02月09日 02:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。