2013年03月26日

「ファンファーレが聴こえる」 by 生稲晃子

3月と言えば卒業式。今日も夕方に袴姿の女の子たちを見かけました。
いいですね、微笑ましい気持ちになります。

先日、今年の卒業ソングは…という特集をテレビでやってましたが、
私的には卒業と言えば、年齢的に尾崎豊の「卒業」、斉藤由貴の「卒業」なんかを思い出します。
皆さんの卒業ソングは如何なものでしょう?

さてと、これとは別に、このシーズンになると思い出す曲があるんです。
それが、今日ご紹介の生稲晃子の「ファンファーレが聴こえる」です。
fanfare.jpg

厳密な意味での卒業ソングではないのですが、このフレーズが何年経ってもずっと耳に残ってて。

 ♪まる〜で卒業式だね〜 気が付けば
  桜が舞う季節が訪れる

卒業ソングって切なかったり、ジワーっときたりが定番ですが、
ファンファーレが聴こえる」はイントロ から明るくファンファーレが鳴り響き、生稲ちゃんも笑顔で、新しいスタートを祝う応援ソングかと勘違いするほどです。
生稲ちゃんの衣装も赤のドレス、ベレー帽まで被ってます。
ベレー帽と言えば、からあげくんのCM「ダーリン チュッチュッチュッ」でも被ってました。カワイイ〜。

 ♪ファンファーレが響く中で
  さよならのキスをしたいね
  涙なら胸の奥
  ダムのようにせき止めて

歌が始まると一転、別れの曲なんだと気づかされ。
明るく前向きな別れなのかなと思っていると、途中で切ない感じの曲調に変わり、

 ♪まる〜で卒業式だね〜 気が付けば
  桜が舞う季節が訪れる
  人は誰もみな旅立つ時 笑顔つくる寂しさ知 るの

実は強がりだったの…と、寂しげな感じで歌うんですよね〜。
二番の歌詞では切ないながらも少し前向きに。

 ♪まる〜で卒業式だね〜 明日から
  同じ道を並んで歩けない
  出逢いと別れは同じ数よ 片方ばかりじゃないね きっと〜


生稲ちゃん、正直、歌唱力の方は…あえて多くを語りませんが、表情がいいですよ。
笑顔・困った顔・切なげな顔etc。そうそう「得意な技は泣き顔よ〜」でしたしね。

実はこの曲、夜ヒットで披露したとき、サプライズゲストとして生稲ちゃんの自慢のお兄さんがご登場〜。
このお兄さん、記憶では東大だったか早稲田だったかのアイドル研究会所属だった人なんですよね。
ファンファーレが鳴り響いている中で、生稲ちゃんが照れる〜、恥ずかしぃ〜的な顔して歌ってて。
当時、ビデオ録画して何度も繰り返して見ましたよ。
最近youtubeにもアップされてましたね。懐かしくて聞いてみると、二番の歌詞、「同じ道を並んで歩けない〜」って歌ってないじゃん。緊張してたんだねぇ。


そうそう、先日「中居正広の怪しい噂の集まる図書館」では、娘さんと一緒にテレビ出演してました。
あと、旦那さんと鉄板焼きのお店を開いてて、お店の方にも顔を出しているようですね。

タレントであり、母であり、お店経営までして、パワフルなアッコちゃんです。

ではまた〜。


posted by ハルティ at 00:31| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | おニャン子♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月24日

「ほらね、春が来た」 by うしろ髪ひかれ隊

 ♪Come on Come on Come on Come on (Hu~)
  春が来た ほらね、春が来た

春が来ましたね!

 ♪ハイ! 待ってましたのその声に

ハイ! ブログも長〜い冬眠から復活!!

そして、ご紹介するのは、うしろ髪ひかれ隊の「ほらね、春が来た」で〜す。
harugakita.jpg

このブログをご覧になる方には、今更うしろ髪ひかれ隊の説明するまでもないとは思いますが、おニャン子クラブの派生ユニットで、メンバーは生稲晃子工藤静香斉藤満喜子の3人からなります。

当初は、ソロデビューに難色を示していた生稲ちゃんをデビューさせるためのユニットでした。
勿論、センターは生稲ちゃんだったののですが、、、
工藤さんがどんどん頭角を現し、いつの間にか工藤さんのユニットみたいになってしまったんですよね。

まぁ、当時は残念でしたが、結果的には生稲ちゃんは今でも現役芸能人。
うしろ髪ひかれ隊でのデビューがあったからこそですね!

あと、3人目のメンバーはミスセブンティーンでグランプリを取った貝瀬典子さんだったはずなんですけど…
準グランプリの斉藤満喜子ことマッキーが抜擢されました。
これも個人的には貝瀬さんの方が好きだったので、う〜ん、残念な結果に…
確かに貝瀬さん、可愛いとき時とそうでないときのギャップが…、グランプリの自覚がないというか、おニャン子に入ったことで満足した感が…
マッキ―は如才無いというか、しっかりしてる印象が強い子でした。
その後の芸能活動を見ても、司会、レポーターなどで活躍してましたし。やっぱり選ばれるべくして選ばれたのかなぁ。


デビュー時はおニャン子も人気下降気味。
曲調もおニャン子派生ユニットには珍しくクールな「時の河を越えて」。
まみまみとゆうゆの「うしろゆびさされ組」程の人気は獲得できずに、クラスメートも「うしろ髪さされ組??」なんだっけ??的に言われるほどの知名度で…。


夕やけニャンニャンも終了してしまい、うしろ髪も終了か〜と思ってら、夕ニャン後も、うしろ髪は継続するというじゃあ〜りませんか。
嬉しくて、おニャン子的な世界観を唯一継続してくれたうしろ髪ひかれ隊を追い続けてましたよ!
母親もうしろ髪がテレビに出ると、「出てるよ〜」と呼んでくれるほどに。。。


そして満を期して「ほらね、春が来た」での猛プッシュ!
ベストテンやら夜ヒットやら、雑誌の表紙やら、すごい勢いでした。
もう「うしろ髪さされ組」なんて言わせないぞ〜!これからグングン行くぞ〜ってな勢いだったのですが…
一方、工藤静香さんの勢いが半端なく、3人で揃うことが出来ず、ベストテン番組で工藤さん中継、生稲ちゃん&マッキ―が生出演という悲しい場面もでてきて、暗雲が立ちこめる…

 ♪ねぇ 何かいいことこれからあるかもね
  そう うかれたままで ビックリさせて

そうそう、僕もうしろ髪の人気に浮かれていたんです。これからだよ!と。

そんな中での夜ヒット出演だったでしょうか。
うしろ髪ひかれ隊の休止宣言。
5月、6月、7月にそれぞれソロでシングル曲を発売します!と発表。
うしろ髪の活動はどうなっちゃうのですか?」
誰もが気になる質問に、
生稲ちゃんは「土台はうしろ髪です。」なんて答えておりましたが…

それ以降、「うしろ髪ひかれ隊」なんてユニットは存在しなかったかのように。
結果的には一度も復活することもなく…

あ〜そりゃないよ〜。残念…
春のコンサート行っておけばよかった(泣)

 ♪chu ru chu ru chu ru chu
posted by ハルティ at 22:59| 香港 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | おニャン子♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。