2010年08月11日

「夏を待てない」by 国生さゆり

1月に「おニャン子クラブCMで限定復活!」記事からおニャン子特集を始めてみたものの、渡辺美奈代編で挫折…

その後、3か月半の休眠期間中に、
4月には、まさかまさかの「河合その子CMで20年振りに復活」とか、
7月には「犬猿おニャン子が四半世紀ぶりの歴史的和解」と称して、国生さゆりと新田恵利がユニットを組むかも…なんて大げさなニュースがあったりと、改めておニャン子クラブの凄さを再認識しましたね。
国生&新田は別にユニットが決定したわけでなく、「これから二人で何かやろうか〜♪」的な話だけのはずなのに、ニュースとして取り上げられるんだからね。

国生さゆりといえば「アネゴ肌」「体育会系の強い女」「元気で明るい女」っていうイメージ。
実はこういう女の人、苦手な部類なんですが、国生さゆりは何故かキライじゃなかったですね。

なんかね、ポニーテールの女の子っていうのが自分的にとても気に入ってたんですよね。凄い似合ってるじゃないですか、彼女のイメージに。
そんな彼女のイメージに一番ピッタリの曲が第二弾シングル「夏を待てない」。
natsuwomatenai.jpg

 ♪私のハート あなたの愛で たたいてごらんよ
 
ちょっと音を外し気味なんだけど、いきなりエンジン全開〜!!
そしてオーバーアクション気味の振り付けで更にエンジン全開〜!!

 ♪ハンパな恋など苦手 思い切り決めて欲しい
  胸のあたり ヘビー級のパンチ
  遊びじゃないのよ恋は マザコン坊やお帰り

なんて生意気な歌詞も、国生さんが言えば嫌みなく聞こえてしまいます。

 ♪夏を待てない 夏を待てない
  真っ赤な太陽があせらせるのよジリジリと
  夏を待てない 夏を待てない
  いじわるをしないで いきなり抱き締めて

躍動感あふれ、ポニーテールがチラチラと見え隠れする歌ってる姿がお気に入りの曲でした。

残念ながら、この曲以降は化粧品CMの「ノーブルレッドの瞬間」⇒「あの夏のバイク」と続き、ポニーテールは封印、ちょいとクールなカッコいいお姉さん系に変身。
でも、クール路線は少々歌唱力に難があったので観賞用には不向きでねぇ…(笑)。やっぱり「夏を待てない」くらいにグイグイ引っ張っていき、歌唱力を忘れさせてくれるくらいでなきゃね〜。


それにしても、今に至るまで一線級の活躍をしているのは本当にすごいことです。ちょっと男運が悪いという噂がありますが、、、再婚の噂があるので今度こそは幸せになってもらいたいものですね!


posted by ハルティ at 02:47| 香港 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | おニャン子♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。