2009年09月15日

「KEEP ME HANGIN' ON」 by 松本典子 & 山本理沙

また、一ヵ月以上の放置となってしまいました。。。
もう一曲、取り上げたいユーロビート曲がありまして、、、もう少しお付き合い下さい。

松本典子さん、「清純派」のこの人までもがユーロビート路線に挑戦してました。
それが今回ご紹介の「KEEP ME HANGIN' ON」。
keepme_matsumoto.jpg
正直、彼女には全く似合わない路線。
歌唱力というか表現力がそこまで無いからか(?)、色っぽさも感じられず。どうしてこんなの出したの〜ってな感じ。ここまできたら、誰でもいいから一発出してブームに乗っちゃえみたいな?

この曲がA面で、B面は邦楽カバー「パステル・ラブ」。TVではB面の方がよく歌われていたと思う。実際「パステル・ラブ」は彼女のイメージや世界観にマッチしてたので、いい仕上がりだった。
普通は「パステル・ラブ」をA面にすると思うけどねぇ。


さて、同じ曲をカバーした人がもう一名おりました。その人は山本理沙さん。
山本理沙って?」っていう人がいたら、「”セーラー服反逆同盟”に出てたあの人」と言えば思い出、、、さないか。
「セーラー服反逆同盟」といえば仙道敦子?
「真面目にやってます?」って突っ込み入れたくなるような「爆発頭と変なメイク」だった人ですが、ピンときますかね。
hangyakudoumei02.jpg

山本版は松本版に比べ本格的。美形のちょいと色っぽいねえさん的な山本理沙が、声量たっぷりノリノリで、迫力満点に迫ってきます。
yamamotorisa.jpg


少々この二つの曲を比較してみると、
松本典子版は1987年4月22日発売、山本理沙版は1987年4月21日発売。たったの1日違い!

松本典子版は「KEEP ME HANGIN' ON〜誘惑を抱きしめて〜」英語表記の日本語クレジット付きですが、山本理沙版はカタカナで「キープ・ミー・ハンギンオン」。


そして歌詞を見比べると、世界観が全く違う事が分かります。

松本
 ♪誘惑のパラダイス 抱きしめてDancing Heart
  あなたの魅力に ほらKEEP ME HANGIN' ON
  Love me to paradise もっと刺激してよ
  夢中にさせるの ほらKEEP ME HANGIN' ON

山本
 ♪抱きしめないで その気じゃないなら
  目の前から消えて キープ・ミー・ハンギンオン
  追いかけないで 愛してないなら 
  苦しむだけだわ キープ・ミー・ハンギンオン

松本版が「恋愛初期」の「もっと私を楽しませてよ〜」ってな幸福感。
山本版は「恋愛末期」の「もう騙されないわよっ」みたいな悲壮感。


松本典子はその後10か月シングルを発売出来ませんでした。
山本理沙はこれがラストシングルとなりました。

前々前回の橋本実加子もラストシングル、前々回の真弓倫子は事務所との契約終了となったし、ユーロビート路線の不成功って案外怖い…



posted by ハルティ at 03:06| 香港 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 85年以前デビュー♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。