2009年07月04日

「待てないON THE BEAT」 by ピンク・ジャガー

暇に任せてネットをグルグルしていたら、なんとMUTEKIから「濱田のり子」さんのAVが発売されていた!!!(本当にAVなのかどうかは、微妙なラインらしいが…)
え〜っ、まじっ!!!ってな驚きなんだけど、それにしては盛り上がっておらず、その前に話題にもなってもおらず。
元セイントフォーだよ、もっともっとメディアに取り上げられてもいいと思うのだけど、今、セイントフォーと言っても、はぁ?何それ?ってなのが正直なところか…。さすがに25年も前の事だから仕方がないのか…。

所で「ピンクジャガー」って知ってますか?
pinkjagar.jpg

ジャケットを見て、どこかで見た顔と思った貴方、そうです、元セイントフォーの浜田範子さんと鈴木幸恵さんです。
セイントフォーが芸能界のゴタゴタに巻き込まれ、再浮上することなくひっそり解散した後、彼女達は1987年にピンクジャガーというユニットをこれまたひっそりと組んでおりました。

今回取り上げるのは彼女達の再デビュー曲「待てないON THE BEAT」。
当時のヒット曲は全てドラマ関連という状況だったので、古村比呂主演の地味〜なドラマではあったけど、挿入歌になっており、少しはイケるかなと密かに思ったりもしてたんだけど、残念ながら全く話題にならず。
ピンクジャガーというユニットが存在していた事さえ世間では知られず。あのセイントフォーが出直ししたっていうのに…
みんな冷たいよ〜。

曲調はセイントフォーから激しさを取って、少しお洒落っぽくした感じ。当時の流行りっぽい、何だかどこかで聞いた事のあるようなメロディー。
一応ロックという触れ込みなので、ジャケットでは髪を逆立ててはいるが、ロックというにはちょっと中途半端な雰囲気の曲。

 ♪待ちきれない腰のリズム 激しくオンザビート
  はじけとんで ディスコティックに揺れる

 ♪加えた指 誘いの味 わくわくしたら
  危ないダンス おいしい気分 Close your love
  8ビートを刻んで 熱い鼓動
  胸の奥 止まらないこのままで Tonight

 ♪感じてる それが全て マイハート
  マジな恋は欲しくないよ 今夜は

 ♪ハートビートを重ねあうのさ 燃えて踊るよFalling Love

出だしは抑え気味で、ちょっとゾクゾクっとさせる雰囲気があり、全体的にカッコよさげに歌いあげております。でも、カッコよさげで終わっちゃってるんだよね〜、もうちょっとパンチがあるといいなぁ。
「不思議TOKYOシンデレラ」では誰もが驚かされたよねぇ。ピンクジャガーでの再デビューは小さくまとまってしまったような。


この曲が発売された時に、ピンクジャガーのお二人と橋本実加子というB級マニアにはニヤリとするような面子でラジオ番組をやってました。
番組の中では彼女達が共に「崖っぷちアイドル」を自認しており、「一発逆転するぞぉ〜!!」としばしば叫んでおりました。特に橋本実加子の弾けっぷりが凄く、リスナーとしてはちょっと引き気味。
されど彼女らのやる気に反して、全く媒体に上がってくることなく、結局は揃って表舞台からフェードアウト。

ピンクジャガーはこの曲限りの活動かと思ってたんだけど、どうも2曲目も出していた模様。これは知らなかった。何気にデパート屋上営業なんかもしていたらしく、鈴木幸恵がギターを弾いてロックしていたらしい。

この5〜6年後、浜田範子さんはセクシー路線でたくましく生き残りを図っていき、今回のAV(もどき?)発売に至る。正直そこまでしなくても、とは思うけど、やるなら、まぁね、頑張って欲しい。

セイントフォーは岩間さん&板谷さんもセクシー路線へ行ってしまったが、鈴木さんだけはひっそりと消えていきました。鈴木さんはセクシーというより、体育会系キャプテンみたいな感じだったから難しかったのでしょうか。


posted by ハルティ at 22:42| 香港 ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | グループ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。